ターボシステムズ XJive PlayerでMMT受信を可能にする 「MMT受信機能オプション」を発表

ターボシステムズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 谷口 剛)は、XJive PlayerでMMTのデコードを可能にする「MMT受信機能オプション」(MMT01R)を発表いたしました。本日より販売を開始します。8K SHV XJive Playerに本オプションを適用すれば、8K→4Kダウンスケール機能により8K映像全体を4Kモニタへ表示する事が可能です。また、22.2/5.1/2ch音声切り替え機能(8K XJiveのみ)、EIT番組名表示機能も搭載しています。

MMT(MPEG Media Transport)は、従来のMPEG-2 TSに代わるマルチメディア伝送方式として、NHKにより積極的に研究開発、標準化が進められてきた規格であり、2014年にISO/IECの国際規格として承認されています。日本では、MMT多重化を用いた放送システムとして2016年8月よりBS17ch衛星放送による4K/8K試験放送が開始されています。また、2018年にはBS放送及び東経110度CS放送による4K/8K実用放送が開始予定です。

今後もターボシステムズは、MMT/TLV関連製品の開発販売により4K/8K映像市場の活性化に寄与するとともにさらなる高精細映像配信サービスの発展に貢献します。

XJive Player MMT受信オプション 

■4K/8K XJive Player 「MMT受信機能オプション」

「MMT受信機能オプション」(MMT01R)は下記製品の機能追加オプションとなります。

  • MMT/TLVストリームをファイルとして記録可能(ダウンロードも可能)
  • RTPおよびDVB-ASI(オプション)で入力されたMPEG-2 TS/HEVC映像をリアルタイムにMMTへ変換し送出可能
  • 8K SHV XJive Player(OTH081)
  • 4K UHD XJive Player 8(OTH070)
  • 4K UHD XJive Player 10(OTH071)
  • 4K UHD XJive Player PRO(OTH072)
  • 4K UHD XJive Player PRO+(OTH077)
  • ※デコード可能な映像/音声コーデックは各製品の仕様に準じます。
    ※オプション追加はお客様ご自身では適用できません。すでにお持ちのXJiveに本オプションを適用される場合は、機器を弊社へお送りいただく必要があります。



    ■価格

    オープンプライス

    ■製品ページ

    4K/8K XJive Player 「MMT受信機能オプション」
    http://www.turbosystems.co.jp/xjive/mmt.html
    4K UHD XJive Player
    http://www.turbosystems.co.jp/xjive/xjive.html
    8K SHV XJive Player
    http://www.turbosystems.co.jp/xjive/8k.html


    ■ご購入・お問い合せ

    ターボシステムズ株式会社
    このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 / TEL 03-5829-8317
    フォーム:http://www.turbosystems.co.jp/contact.html

    ※ 記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。


    お問い合わせ

    お問い合わせはこちらから
    ターボシステムズ インフォメーションセンター

    • 01 組込みLinux・組込みAndroid / その他各種アプリケーション / ドライバ開発のお問い合わせ
    • 02 GANG PRODUCTS・Android BSP・ターボリナックス製品のお問い合わせ
    • 03 Linux・Android導入 / 構築 / 運用コンサルティング・サポートサービス

    経験豊富なスタッフが対応いたします。どんなことでもお気軽にご相談ください。

    Tel: 03-5829-8317
    Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。