データコンテンツサービス 受信機検証機能オプション

「データコンテンツサービス 受信機検証機能オプション」は、ZJive for MMTが送出するMMTストリームに「新4K8K衛星放送」のデータコンテンツを多重化するための機能を提供します。制作したデータコンテンツのドキュメントルートとスタートアップファイルを指定するだけでMMT多重化し、RF送出する事が可能です。
現在、4K/8Kテレビや4K/8Kチューナ等の受信機は様々なメーカから販売されていますが、データコンテンツの開発において、複数の受信機による動作検証は最も重要な工程で必要不可欠です。本オプションは、実際に市販されている4K/8Kテレビや4K/8Kチューナの受信機で表示を確認できますので、コンテンツ開発環境の大幅なコスト削減を実現するともに、試行錯誤を繰り返すコンテンツ開発作業の効率を大幅に向上させる事が可能です。

 

利用イメージ


データコンテンツサービス 受信機検証機能オプション

 

データコンテンツのサンプルを収録

本オプションには、データコンテンツのサンプルが収録されていますので、サンプルのデータコンテンツに記述されているURLのリンク先を変更するだけで、すぐにお客様の制作したサイトを市販の4K/8Kテレビや4K/8Kチューナで表示させる事が可能です。
また、本オプションに収録されているサンプルコンテンツ(下図)を編集したり、お客様がご用意したデータコンテンツに差し替えるだけで、簡単にデータコンテンツサービスのテスト環境を構築することができます。

Hybridcast用サンプルコンテンツ

 

お問い合わせ

データコンテンツサービス 受信機検証機能オプションの詳細はターボシステムズ 営業部までお問い合せください。


お問い合わせ

お問い合わせはこちらから
ターボシステムズ インフォメーションセンター

  • 01 組込みLinux・組込みAndroid / その他各種アプリケーション / ドライバ開発のお問い合わせ
  • 02 4K UHD/8K SHV XJive Playerについてのお問い合わせ
  • 03 Linux・Android導入 / 構築 / 運用コンサルティング・サポートサービス

経験豊富なスタッフが対応いたします。どんなことでもお気軽にご相談ください。

Tel: 03-5829-8317
フォームから問い合わせ
コンタクトフォーム