Press&News
プレス&ニュース

【展示会情報】 「組み込みシステム開発技術展(ESEC) 」 出展のお知らせ

ターボシステムズでは、「組み込みシステム開発技術展(ESEC)」の以下ブースにおいて展示協力をしております。
みなさまのご来場をお待ちしております。


■出展内容

展示ブース:ダックス社ブース[西9-4]
Intel® HM76チップセット、Intel® Core™ i7 プロセッサ搭載の高性能組込用ボード「HFMB-70」

インテル®社の提唱する車載インフォテインメント向けOS Tizen IVI 搭載HFMB-70 ワンストップソリューション
http://www.dux.jp/


■開催概要

組込みシステム開発技術展(ESEC)
http://www.esec.jp/ja/Home/

会期:2013年5月8日(水)-5月10日(金)10:00~18:00 (10日(金)のみ17:00終了)

会場:東京ビックサイト




Android ボード・サポート・パッケージ(BSP)の対応ハードウェアにEmerson 「KR8-315」を追加

ターボシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷口 剛、以下ターボシステムズ)は、Intel® ATOM™ プロセッサーE600番台搭載CPUボードに最適化したAndroid ボード・サポート・パッケージ(以下BSP)の対応ハードウェアに、Emerson Network Power(本社:米国セントルイス)のファンレス小型PC「KR8-315」を追加したことを発表いたします。
本リリースにより、「KR8-315」を既に購入したユーザー様、ご検討中のユーザー様は、プロセッサ性能を最大限に生かしたAndroidベースの組み込みシステムの構築が可能となります。
Android BSPはIntel® ATOM™ プロセッサーE600番台搭載CPUボードに最適化したソースコードであり、ターボシステムズは2012年2月より世界各国の組込み機器ベンダ、組込みアプリケーション開発ベンダのエンジニアにむけて無償提供を開始しています。
小型化する医療機や通信機、計測器などで採用の進むKR8-315のAndroidサポートは、各種産業機器において、これまで以上に表現力豊かなソリューションを短納期で実現することを可能とします。
なお、KR8-315の日本国内での取り扱いは、丸文株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:稲村明彦、以下丸文)になります。

【丸文株式会社様からのコメント】
丸文株式会社は、ターボシステムズ株式会社様の「Android BSP」対応ハードウェアに、Emerson Network Powerのファンレス・小型・温度拡張PC「KR8-315」が追加されることに大きな期待を持っております。
KR8-315上でアンドロイドが動作することで、その特徴であるハードウェアの使い良さに加え、アンドロイドの豊かな画面表現力と容易な操作性を実現できます。さらに、ターボシステムズ株式会社様によるお客様への開発支援により、必要とされる機能がよりすばやく実現できることになります。
医療機、通信機、建設機械 等の市場におけるより高度なユーザーインタフェースやアプリケーション開発に大きく寄与できると期待しております。
丸文株式会社 営業統括本部 デバイスマーケティング本部 マーケティング第1部 部長 菊地 正裕 様

■Android BSP for Intel Atom E600ダウンロードサイト
以下のURLへアクセスし、ユーザー登録するとAndroid BSPをダウンロードできます。
http://android.turbosystems.co.jp/
同サイトでは、今後も対応ハードウェア・ターゲットCPUボードを順次追加し、情報を更新します。

■KR8-315(丸文)製品詳細
http://www.marubun.co.jp/product/bcs/spcboard/8ids6e000000g55w.html

※Intel、インテル、インテル Atom、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。
その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

【展示会情報】 「インテル・ソフトウェア・イノベーション・フォーラム 2012東京 」 出展のお知らせ

ターボシステムズでは、2012年7月31日 に東京コンファレンスセンター・品川(東京都港区)で開催される『インテル・ソフトウェア・イノベーション・フォーラム 2012 東京 』において「インテル(R) Atom TMプロセッサー E600 搭載 TX-70 +Android 2.3 によるなめらかテロップデモ」、先ごろ発表いたしました「GANG.PRODUCTS」より 「インテル(R) Core TM i7 によるマルチデバイス向け動画トランスコード&マルチキャストデモ」の展示を行います。

会場にはその他にもインテル(R)アーキテクチャの可能性を実感いただける魅力的な展示、講演が多数ございます。皆様のご来場 を心よりお待ちしております。


【セミナー詳細】
日時:2012年 7月31日 (火) 10:00 ~ 18:25 (受付開始 9:30)
主催:インテル株式会社
会場:東京コンファレンスセンター・品川
東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 5F
会場アクセス: http://www.tokyo-cc.co.jp/access.html
URL:http://www.info-event.jp/isif/

お申込みはこちらから :https://www.info-event.jp/isif/entry.asp


※GANG.PRODUCTSについて http://www.turbosystems.co.jp/gang.html
※Android BSPについて http://www.turbosystems.co.jp/androidbsp.html

ターボシステムズ「GANG.PRODUCTS(ガング プロダクツ)」を発表 ~ 動画配信プラットフォーム、視聴環境の常識を覆す強力なライブラリ群~

ターボシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷口 剛、以下ターボシステムズ)は、映像トランスコーダ、マルチキャスト配信、HTML5ブラウザ、Webプラグイン、DTVソリューションむけの新製品「GANG.PRODUCTS(ガング・プロダクツ)」を発表しました。2012年7月4日より販売を開始します。ターボシステムズが自社の技術を結集し独自に開発した高性能、高機能なライブラリ群で構成されます。

規模や機能に合わせ必要なパーツを自由に選択、まるで玩具(GANG)を組み立てるように容易に構築いただける製品ラインナップとなっており、高機能高品質なシステムを、コストや工期を抑えて実現いただけます。さらに柔軟なカスタマイズ、機能拡張にもターボシステムズの技術力でお応えします。


製品ラインナップは、以下の通りです。


GANG TRANSCODER ガング トランスコーダ

高額な専用機器を用いず、市販のPC*1上で動画ファイルをSTBやタブレットといった各種視聴端末に最適なエンコード、サイズへとトランスコードします。トランスコーダは同時に6チャンネル分並列での処理が可能*1であり、驚異のコストパフォーマンスでこれまでの常識を覆します。
*1 動作検証は、Intel(R) CoreTM i7 地デジ相当コンテンツ、解像度1440x1080から解像度1920x1080 H264に変換にて実施。


GANG CAST ガング キャスト

RTSP(Real Time Streaming Protocol)、HLS(HTTP Live Streaming)*2をサポートするストリーミングサーバー向けのソリューションです。HLSとマルチキャストRTSPの同時配信が可能な設計であり、視聴する端末ごとに異なる画質、画像サイズ、映像フレーム数で最適な映像を配信します。異なる映像仕様のマルチキャストストリーミングの実現で、端末スペックごとに最適な映像を同時配信します。各端末での調整処理の排除、ネットワーク負荷の低減が可能です。
*2 HLSは、Apple社の提唱するHTTPベースのメディアストリーミングプロトコルです。視聴環境としては、ios 3.x以上、Android 4.x以上等がサポートされています。GANG.BROWSER (HTML5ブラウザ)で視聴いただけます。


GANG BROWSER ガング ブラウザ 

Webkit Chromium portをベースに、ターボシステムズがチューニングするAndroid HTML5ブラウザです。Chromium (クロミウム)は、ソースコードがGoogle Chromeに採用されているOSS プロジェクトです。GANG.BROWSER は、Webkitエンジンの搭載、HTML5への最適化、HLS(HTTP Live Streaming)サポート、RTP/RTSP受信バッファ、エラー訂正回路を装備、優れた日本語表示機能を持ちます。大きな特長としてシステムに合わせた柔軟なカスタマイズ対応が可能な点もあげられます。例えば、各種アプリケーションの埋め込みや、HTML5タグの最適化が可能です。
※注 GAMG.BROWSERは2013年第1四半期リリース予定です。


GANG PLUG-IN ガング プラグイン

Webブラウザのプラグインモジュールです。第一弾は、Felica/NFC Reader/WriterプラグインとVHFチューナープラグインです。市販 Android 3.2以上のタブレット端末のUSB HOST機能を使用し提供します。USB ホストコントローラとFelica/NFC Reader/Writer、VHF LO/HIチューナーを接続し、プラグインをインストールするだけで、Webアプリ経由でこれらをご利用いただきます。デバイス未搭載の端末を、低コストで容易にリッチな端末へと変えるソリューションです。


GANG DTV ガング デジタルテレビ

デジタルテレビソリューションに必要なARIB規格(ARIB STD)に準拠した各種ライブラリ群です。
ISDB-T(地上波デジタル放送)、ISDB-S(衛星デジタル放送)各種ライブラリ、DTBミドルウェアを含みます。オプションで、OpenGLによるリッチなユーザーインタフェイスや、GLをサポートするWebブラウザの提供も可能ですので、セットトップボックスやテレビ受信機、リビングソリューションへと幅広く応用いただけます。



■ご利用環境
GANG TRANSCODER、GANG CAST、GANG DTV は、Linux OS上、GANG PLUG-IN はAndroid上のWebブラウザ専用、GANG BROWSERはAndroid上で利用いただけます。その他の環境への移植も有償にてターボシステムズが承ります。

■価格、契約形態
ライセンス販売。
移植、ならびにGANG.PRODUCTSを使用したアプリケーションの開発、サンプルコード提供は別途費用が必要です。詳細はターボシステムズ 営業部までお問い合せください。

製品詳細
GANG.PRODUCTS 製品情報は以下のURLでご覧になれます。
http://www.turbosystems.co.jp/gang.html


※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

ホームページをリニューアルしました

ターボシステムズ株式会社のホームページをリニューアルしました。

デザインを一新し、より使いやすく、分かりやすいホームページを目指してリニューアルいたしました。今後もコンテンツの充実・サービスの向上に努めてまいりますので、引き続き宜しくお願いいたします。

なお、リニューアルに伴い、一部ページのURLが変更になっていますので、ご注意いただきますようお願い申し上げます。

「商用車テレマティクス&運行管理システムEXPO」出展のお知らせ

ターボシステムズでは、「ワイヤレスジャパン2012:商用車テレマティクス&運行管理システムEXPO」の
ネクスコムブースにおいて展示協力をしております。
みなさまのご来場をお待ちしております。


■出展内容

展示ブース:ネクスコムブース[ブースNo. 161]

インテル® Atom™ プロセッサー E600番台搭載 車載端末プラットフォーム 「VTC1000」
http://www.nexcom-jp.com/Products/mobile-computing-solutions/in-vehicle-pc/in-vehicle-pc/car-pc-vtc-100

インテル® Atom™ プロセッサー E600番台搭載 車載端末プラットフォーム 「VMC1000」
http://www.nexcom-jp.com/Products/mobile-computing-solutions/vehicle-mount-computer/vehicle-mount-computer/vehicle-mount-computer-vmc1000


■開催概要
ワイヤレスジャパン2012
商用車テレマティクス&運行管理システムEXPO
http://www8.ric.co.jp/expo/wj/st.html

会期:2012年5月30日(水)-5月31日(金)10:00〜18:00 (11日(金)のみ17:00終了)

会場:東京ビックサイト西3/4ホール





お問い合わせ

お問い合わせはこちらから
ターボシステムズ インフォメーションセンター

  • 01 組込みLinux・組込みAndroid / その他各種アプリケーション / ドライバ開発のお問い合わせ
  • 02 4K UHD/8K SHV XJive Playerについてのお問い合わせ
  • 03 Linux・Android導入 / 構築 / 運用コンサルティング・サポートサービス

経験豊富なスタッフが対応いたします。どんなことでもお気軽にご相談ください。

Tel: 03-5829-8317
フォームから問い合わせ
コンタクトフォーム