Press Releas
プレスリリース

ターボシステムズ 超コンパクトなSDI出力プレーヤ「XJive HD Player PRO」を発表。AWS Elemental MediaConnectの受信に最適 ~RTP(ProMPEG FEC 10x10対応)、SRT受信可能な1080/59.94i出力プレーヤ~

ターボシステムズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長: 谷口 剛)は、XJive(エックスジャイブ) Playerの新モデルとして(2K 1920 x 1080)/59.94i SDI出力に対応したコンパクトな再生プレイヤ「XJive HD Player PRO」の販売を発表いたしました。

XJive HD Player PRO

「XJive HD Player PRO」は「4K UHD XJive Player」のユーザインターフェイスや基本機能を引き継ぎつつ、1080/59.94i出力(注1) に対応した低価格でコンパクトなプレーヤ装置です。
RTP ProMPEG FEC 10x10対応 )やSRTの受信にも対応していますので、AWS Elemental MediaConnectによりライブ配信された映像の受信再生装置としてもご利用いただけます。
(注1) 4K出力には対応していませんが、4K動画のデコードは可能です。デコードした4K動画を1080/59.94i出力することは可能です。

 

XJive HD Player PRO

 

 

スペック詳細
SPEC

XJive HD Player PRO
型番 MMT03R
プレーヤサイズ 165mm(幅)x 43mm(高さ)x 190mm(長さ)
電源 90W ACアダプター
映像コーデック ・MPEG-2
・H.264/AVC
・H.265/HEVC Main/Main10 4:2:0
音声コーデック ・AAC 16bit 48kHz 1ch/2ch/5.1ch
コンテナ ・MPEG2 TS(拡張子 .ts)
・MP4(拡張子 .mp4)
・MMT(拡張子 .mmt)
解像度/フレームレート 1920x1080, 3840x2160
59.94i, 59.94p
※出力は 1080/59.94iのみ対応
映像出力 SDI(1080/59.94i)
音声出力 SDIに重畳
字幕表示 ARIB字幕表示 /非表示
ストリーミング受信 ・RTP(ProMPEG FEC 10x10対応)
・SRT
・MMT/TLV

■価格

35万

 

製品ページ
製品情報は以下のURLでご確認ください。
XJive HD Player PRO
http://www.turbosystems.co.jp/xjive-hd-pro.html

 

ご購入・お問い合せ
ターボシステムズ株式会社
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 / TEL: 03-5829-8317
フォーム:http://www.turbosystems.co.jp/contact.html
※ 記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と共同開発したクラウドベース映像配信システムを 長岡市、長岡高専、KDDI開催のイベントに提供

ターボシステムズ株式会社は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と共同で開発したクラウドベースの映像配信システムを、新潟県長岡市、長岡工業高等専門学校、KDDI株式会社が共同開催したイベント「5Gでビジネスの可能性が広がる!5G/ICTが創る長岡の産業の未来」に提供いたしました。

本システムは、最大9拠点からのカメラ映像をクラウド上で編集し、4K高精細映像・低遅延での配信を可能にするものです。専用端末にカメラと4Kモニターを繋ぐだけの簡易な構成になっており、配信準備の作業も簡単です。
また、各端末からクラウドへ送られたカメラ映像のレイアウトや音量は、ウェブ管理画面へアクセスし、リモートから自在に編集することが可能です。

なお、本システムは、11月17日から3日間にわたり幕張メッセで開催される「Inter BEE 2021」でのデモンストレーションを予定しています。


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 お知らせ
https://www.ctc-g.co.jp/company/info/20211022-01362.html

MXF 素材検品システムのリモート運用を可能にする「 XJive MXF クラウドモ ジュール」「 XJive MXF リモートデスクトップサーバーオプション」および 「 XJive MXF リモートデスクトップクライアント」の販売を開始 ~ 搬入素材の目視検品業務をリモートで実現!

ターボシステムズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 谷口 剛 )は、XJive MXF Player の新しいソリューションとして、「XJive MXF クラウドモジュール」、「XJive MXF リモートデスクトップサーバーオプション」および「XJive MXF リモートデスクトップクライアント」の販売を開始いたしました。

XJive MXF Remote Solutions エックスジャイブ MXF リモートソリューション MXF素材検品システムの リモート運用を実現

お客様のクラウド環境へ「XJive MXFクラウドモジュール」、あるいは「XJive MXFリモートデスクトップサーバーオプション」を導入することで、お客様拠点にあるXJive MXF Playerやクラウド環境上のMXFファイルを、専用クライアント端末である「XJive MXFリモートデスクトップクライアント」上で操作/再生する事が可能になります。
放送局や映像制作会社等、MXFファイルのプレビュー業務を必要としている事業者様においては、本システムを導入する事により、MXF素材の目視検品業務を自宅からリモート操作で実現する事が可能となります。
映像伝送には、弊社の超低遅延送り返し装置等のライブストリーミング機能で実績のあるリアルタイムエンコード/デコード技術を搭載しており、高画質で低遅延な映像伝送再生を実現しています。また、With コロナ時代においては、在宅ワーク中の従業員が自宅から映像ファイルの再生確認を行えるため、安全対策としても期待されるソリューションです。

 

販売製品

XJive MXF Player クラウドモジュール(型番: FPVS01)

※ 本モジュールは AWS/Azure 等で動作している Linux 環境( CentOS 7 等)にインストール可能です。
お客様のクラウド環境への導入については調査が必要です。

XJive MXF Player リモートデスクトップサーバーオプション(型番: FPVS02)

XJive MXF Player リモートデスクトップクライアント(型番: FPVC01)

※価格は弊社までお問い合わせください

 

利用イメージ

Xjive MXF リモートソリューション利用イメージ(映像素材検品システムのリモート運用)

 

製品ページ
XJive MXF リモート運用オプション
http://www.turbosystems.co.jp/xjivemxf/mxfremote.html

 

製品カタログ
XJive MXF リモート運用オプション 製品カタログ(pdf)

 

XJive MXF Playerについて

XJive MXF Player

XJive MXF Player は、 MXF ファイルの映像 音声確認を目的としたプレビューに最適なシステムです。再生 逆再生、早送り 早戻し、フレーム単位移動、タイムコード表示 非表示、タイムコードへのジャンプ、字幕表示 非表示、音声レベルメータといった機能を備え、ジョグコントローラによるトリックプレイ操作も簡単に行えますので、放送局や映像制作会社等、 MXF ファイルのプレビュー業務を必要としている事業者様にご利用いただけます。
XJive MXF クラウドモジュール・XJive MXF リモートデスクトップサーバーオプション、およびXJive MXF リモートデスクトップクライアントは、 XJive MXF Player の機能はそのままに、リモート操作で映像/音声を確認するための機能を提供いたします。

XJive MXF Player の詳細については下記製品ページをご覧ください。

製品ページ
XJive MXF Player 製品詳細
http://www.turbosystems.co.jp/xjivemxf.html

 

ご購入・お問い合せ
ターボシステムズ株式会社 アライアンス部
MAIL: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 / TEL: 03-5829-8317
フォーム:http://www.turbosystems.co.jp/contact.html
※ 記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

ZJive for MMT 機能追加のお知らせ H.264 素材送出に対応

ZJive for MMT で送出するソースファイルの映像コーデックは、
これまで H.265 のみに対応していましたが、H.264 ファイルも送出できるようになりました。

また、送出した MMTストリームは、4K UHD XJive Player(OTH090)/MMT受信オプション を最新にアップデートする事で受信再生可能です。

アップデートファイルをご希望の方は、以下までお問合せください。

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Inter BEE 2019 国際放送機器展 出展のお知らせ

ターボシステムズは、2019年11月13日(水)~15日(金)に千葉・幕張メッセにて開催されます「Inter BEE 2019 国際放送機器展」に出展いたします。
みなさまのご来場をお待ちしております。

■ 展示内容
・8K/60p対応 非圧縮再生機
・8K/60p対応 HEVCエンコーダ
・8K/60p再生プレーヤ「8K SHV XJive Player」(OTH083)
・XJive MXF Player
・ISDB-S3変調対応MMTストリーマ「ZJive for MMT」(MMT01S)
・双方向送り返し装置

■ 開催概要
Inter BEE 2019 国際放送機器展
http://www.inter-bee.com/ja/

会場:幕張メッセ
   http://www.inter-bee.com/ja/access/
会期:2019年11月13日(水)~ 15日(金)〔3日間〕
   10:00~17:30 (18日(金)のみ 17:00終了)
   ブース番号:ホール2 「2712」

Inter BEE 2019 国際放送機器展


■ 製品ページ

8K SHV XJive Player(OTH083)
http://www.turbosystems.co.jp/xjive/oth083.html
XJive MXF Player
http://www.turbosystems.co.jp/xjive/xjivemxf.html
ZJive for MMT
http://www.turbosystems.co.jp/zjive.html
BitNote2
http://www.turbosystems.co.jp/bitnote.html


お問い合わせ

お問い合わせはこちらから
ターボシステムズ インフォメーションセンター

  • 01 組込みLinux・組込みAndroid / その他各種アプリケーション / ドライバ開発のお問い合わせ
  • 02 4K UHD/8K SHV XJive Playerについてのお問い合わせ
  • 03 Linux・Android導入 / 構築 / 運用コンサルティング・サポートサービス

経験豊富なスタッフが対応いたします。どんなことでもお気軽にご相談ください。

Tel: 03-5829-8317
フォームから問い合わせ
コンタクトフォーム