Press&News
プレス&ニュース

Android ボード・サポート・パッケージ(BSP)の対応ハードウェアにネクスコム「VTC1000」を追加

ターボシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷口 剛、以下ターボシステムズ)は、Intel® ATOM™ プロセッサーE600番台搭載CPUボードに最適化したAndroid ボード・サポート・パッケージ(BSP)の対応ハードウェアに、株式会社ネクスコム・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:楊建興、以下ネクスコム)の車載端末プラットフォーム 「VTC1000」を追加したことを発表します。

Android ボード・サポート・パッケージ(BSP)はIntel® ATOM™ プロセッサーE600番台搭載CPUボードに最適化したソースコードであり、ターボシステムズは2012年2月より世界各国の組込み機器ベンダ、組込みアプリケーション開発ベンダのエンジニアにむけて提供を開始しています。
車載テレマティクスPCとして多くの運用実績をもつVTC1000のAndroidサポートは、商用車両システムにおいて、これまで以上に表現力豊かなソリューションをユニバーサルデザインで実現することを可能とします。

■VTC1000 Android BSP評価キット
詳細については以下をご参照ください。
http://android.turbosystems.co.jp/ja/features.html

■ダウンロードサイト
以下のURLへアクセスし、ユーザー登録するとAndorid BSPをダウンロードできます。

http://android.turbosystems.co.jp/
 
同サイトでは、今後も対応ハードウェア・ターゲットCPUボードを順次追加し、情報を更新します。

■VTC1000に関する製品詳細
http://www.nexcom-jp.com/Products/mobile-computing-solutions/in-vehicle-pc/in-vehicle-pc/car-pc-vtc-1000

※Intel、インテル、インテル Atom、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

【展示会情報】「組込みシステム開発技術展(ESEC)」出展のお知らせ

ターボシステムズでは、「組み込みシステム開発技術展(ESEC)」の以下3社のブースにおいて展示協力をしております。
みなさまのご来場をお待ちしております。


■出展内容

展示ブース:イノテック社ブース[西12-71]

インテル® Atom™ プロセッサー E600番台搭載 超小型CPUモジュール「TX-70」
http://www.innotech.co.jp/products/product_list/embedded/cpubord/tx-70.html


展示ブース:ダックス社ブース[西9-4]
インテル® Atom™プロセッサー Z500番台搭載 ミニサイズCPUボード「HFMB-22」
http://www.dux.co.jp/product/hfmb-22.html


展示ブース:丸文社ブース[西10-70]
エマソン社製インテル®Atom™ E640+EG20T搭載エンベデッドコンピュータKR8-315
http://www.marubun.co.jp/product/bcs/spcboard/8ids6e000000g55w.html


■開催概要

組込みシステム開発技術展(ESEC)
http://www.esec.jp/ja/

会期:2012年5月9日(水)-5月11日(金)10:00~18:00 (11日(金)のみ17:00終了)

会場:東京ビックサイト

【セミナー情報】次世代デジタルサイネージ向けトータルソリューションセミナー 講演のお知らせ

イノテック社主催のセミナーで講演します。
みなさまのご来場を心よりお待ちいたしております。


「次世代デジタルサイネージ向けトータルソリューションセミナー」
~一歩進んだデジタルサイネージ手法の発見~
http://www.innotech.co.jp/back_number/contents/event120418.html


◆セミナー概要
主催  : イノテック株式会社 デバイステクノロジー本部
日時  : 2012年 5月11日(金) 10:15 - 13:30頃 ※開場 10:00予定
場所  : TFT 東京ファッションタウンビル東館 9階
   国際展示場正門駅 (下車徒歩約1分)研修室 902
   東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館9階
URL  : http://www.tokyo-bigsight.co.jp/tft/download/pdf/accessCar.pdf
定員  : 60名(先着順)
参加費: 無料

◆講演内容
・インテルが創造する今後のデジタルサイネージソリューション / インテル社
・胸躍る「エンターテイメント」の領域へ / セガ社 「環境開発ツール」アクロアーツのご紹介
・Androidで実現する組込み開発 / ターボシステムズ社 Androidと超小型組込みボードTX-70
・音声電子透かしがデジタルサイネージを変える / アイティアクセス社 Civolution社 SyncNow のご紹介
・これがデジタルサイネージだ / イノテック 超小型組込みボードTX-50/70及びAG10/T10

※講演タイトル、内容等は変更になる場合がございます

The Linux Foundation ターボシステムズ他 日本企業5社を新メンバーとして参加を発表

2012年4月23日、The Linux Foundation は、アシスト、アイシン・エイ・ダブリュ、JVCケンウッド、NTTデータMSE、ターボシステムズの 5 社が新メンバーとして参加したことを発表しました。

アナウンス文はこちら。

http://www.linuxfoundation.jp/news-media/announcements (日本語)
http://www.linuxfoundation.org/news-media/announcements/2012/04/linux-foundation-adds-five-new-members-japan(原文)

ターボシステムズは、OS ベンダーとしてAndroidおよびLinuxの移植、各種ドライバー開発、ボード サポート パッケージ(BSP)提供、ストリーミング メディア サーバー等のアプリケーション開発、デスクトップならびにサーバー、組込みLinux開発の各分野における実績と技術力をもとに 主にThe LinuxFoundationのConsumer ElectronicsワークグループおよびLong TermSupport Initiativeに参加、貢献して参ります。

ターボシステムズ 代表取締役社長 谷口 剛は、次のように述べています。
「The Linux Foundationのメンバーになることで、消費者家電、Android、組込みシステム、およびLinuxカーネル長期サポートなどの最先端の環境において、Linuxの発展活動に力を注ぐことができます。この実り多い関係がもたらす結果を楽しみにしています。」

※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。
その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

システムメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ

サーバメンテナンスのため、下記の期間、
www.turbosystems.co.jp のサービスを停止します。

2012年4月25日(水) 0:00-5:00

作業中は、本ウェブサイトへのアクセスができなくなります。


ユーザの皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

インテル® Atom™ プロセッサーE600番台向けに ターボシステムズ 「Android BSP for Intel® Atom™ Processor E600 Series」を公開 〜2月2日より無償提供開始

ターボシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷口 剛、以下ターボシステムズ)は、インテルの組込み用インテル® Atom™ プロセッサー E600番台向けにAndroid ボード・サポート・パッケージ(BSP)を、全世界に向け公開することを発表しました。

「Android BSP for Intel® Atom™ Processor E600 Series(以下 Android BSP)」 は、ターボシステムズの Android BSP 専用 Web サイトにて、世界各国の組込み機器ベンダ、組込みアプリケーション開発ベンダのエンジニアに無償で提供いたします。

■インテル® Atom™ プロセッサー E600番台
インテル® Atom™ プロセッサー E600番台は、3Dグラフィックエンジン、ビデオエンコード/デコードを統合型プロセッサーに実装し、高性能でありながら、省スペース化、省電力化を実現し、また PCI Express(PCIe)の採用によって柔軟な I/O を可能にします。Android BSP は、インテル® Atom™ プロセッサー E600番台搭載の CPU ボードをターゲットデバイスとし、Andoid 2.3 OS(Gingerbread)ならびに周辺機器やセンサのドライバまでを含め、標準化された組込みプラットフォームとしてご利用いただくことを目的としています。

以下が主な特長です。

◆ インテル® Atom™ プロセッサー E600番台向けに最適化された Android BSP
ターボシステムズの提供する BSP は、ターゲットとする CPU ボードの性能をフルに発揮するため、最大限のチューニングを行っています。周辺デバイスドライバ開発はもちろん、アプリケーション(Java)から利用いただく Java Native Interface (JNI)までご提供します。最適化・標準化された組込みプラットフォームをご採用いただくことで、組込みベンダ様には、アプリケーション開発に注力し、低コスト、短納期で競争力のある差別化された製品開発を実現いただきます。

◆ 組込み機器へのフォーカス
インテル® Atom™ プロセッサー E600番台 は、車載インフォテインメント、IP メディア・フォン、スマート・グリッド機器、ゲーム、デジタルサイネージなど多彩な組込み機器での利用を想定し設計された SoC です。工業用途向けに温度範囲の拡張や、長期ライフサイクル・サポートも提供されています。Android BSP は、対応CPU ボードの選択、ベースOS 開発、サポート体制まですべてにおいて、組込み機器での利用にフォーカスしています。

◆ 日本の OS ベンダであること
Android BSP を提供するターボシステムズは、日本国内を拠点とする OS 開発ベンダです。
IA 向 Android、Linux ポーティング、ドライバ開発の実績は豊富で多岐にわたり、またサポートサービスもその品質に定評があります。

"日本の OS ベンダであること"、日本国内での企画・開発、日本語によるサービス提供は、日本のお客様にとって重要なポイントであり、満足をお届けできると確信しています。ターボシステムズは日本で唯一(注1)のAndroid BSP for Intel® Atom™ Processor E600 Seriesのディストリビューターです。

◆ ターボシステムズにできること
Android ベース部分のカスタマイズ開発、周辺機器選定、カスタマイズに伴うドライバ開発、Androidアプリケーション開発、製品化・量産化にあたってのサポートサービス、コンサルティングサービス提供など、組込機器開発に必須となる要件のご提供が可能です。まずはお気軽にご相談ください。
多くの実績と高いスキルを持つエンジニアが柔軟にお応えします。

【インテル株式会社様からのエンドースコメント】
インテル株式会社 クラウド・コンピューティング事業本部 事業開発統括部長 岡崎 覚 様

インテルは、ターボシステムズの「Android BSP for インテル® Atom™ Intel® Atom™ Processor E600 Series」プロセッサー E600番台の公開を歓迎します。IPメディアフォン、サイネージ端末、車載システムなど、タッチパネル搭載組込み機器向けに応用が可能なIAに最適化されたソフトウェア・ソリューションの登場により、よりインテリジェントな機器開発が加速することを期待しております。

■ダウンロードサイト
次の URL にアクセスし記載内容にそって進むと Andorid BSP をダウンロードいただけます。

http://android.turbosystems.co.jp/

同サイトでは、順次、追加されるターゲット CPU ボードに関する情報を更新します。

(注1)2012年2月2日現在、ターボシステムズ調べ

※Intel、インテル、インテル Atom、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。
※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。
その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。


お問い合わせ

お問い合わせはこちらから
ターボシステムズ インフォメーションセンター

  • 01 組込みLinux・組込みAndroid / その他各種アプリケーション / ドライバ開発のお問い合わせ
  • 02 4K UHD/8K SHV XJive Playerについてのお問い合わせ
  • 03 Linux・Android導入 / 構築 / 運用コンサルティング・サポートサービス

経験豊富なスタッフが対応いたします。どんなことでもお気軽にご相談ください。

Tel: 03-5829-8317
フォームから問い合わせ
コンタクトフォーム